地域社会を支援する奉仕活動と交流の場|福岡県中間市「中間ライオンズクラブ」

アクティビティ

アクティビティ Service Activity

ライオンズクラブが、その地域社会などに対して行うあらゆる奉仕活動のことを日本では短かく、アクティビティといっている。
アクティビティは、クラブが単独で行なうのが基本である。しかし現実には地域社会の情報化に伴い、いくつかのクラブが合同で、あるいはほかの奉仕団体や地方自治体と合同で行ったり、地区単位で行なう場合がある。また地震や洪水などにより、大災害が発生した場合は、地区が全国のクラブに救援を呼びかけることもある。阪神・淡路大震災の時は、全国のクラブから、11億円が集められた。東日本大震災の時は、日本を含めて全世界からLCIFへ2,100万ドルが指定献金された。
ライオンズには国際的アクティビティ機関としてLCIFがあるが、日本ライオンズはこの機関への献金においても際立っている。
アクティビティはクラブ存立の根幹にかかわる問題である。各クラブは地域の人々から共感を得られるような、すぐれたアクティビティを実施するため日夜精進している。


The following two tabs change content below.
337-A地区 3R-1Z ZC付幹事 中間ライオンズクラブ所属 ・計画・出席・大会委員長 ・PR・会報・IT・情報副委員長

最新記事 by 北地 紀章 (全て見る)