エクステンション

エクステンション(extension)

ライオニズムを拡張するという意味で、具体的には国の内外に新しいクラブを結成することをいう。
社会奉仕の新しい同胞クラブを作ろうという動きは日本ライオンズ創立以来活発であったが、全国のクラブ数が3千余に達した現在、新クラブの結成は一時期ほど多くはなくなった。最近では女性クラブ、シニア・クラブの結成がエクステンションの新しい方向を示している。
また、外国へのエクステンションでは、1993年に東松山クラブ(330-C)がモンゴルのウランバートルに、1998年に千葉市内の3クラブ(333-C)がカンボジア王国のプノンペンに、2001年に郡山クラブ(3323-D)がカンボジア王国のプノンペンに現地クラブと合同で、新クラブを結成した。2012年には市川クラブ(333-C)がセルビア共和国のクラヴィッツに、船橋と千葉市内の4クラブ合同でカンボジア王国のシェムリアップに新クラブを結成している。さらに2014年、千葉・船橋・柏市内の4クラブ(333-C)が合同でシェムリアップに新クラブを結成している。